雲南地湧金蓮(ウンナン チュウ キンレン)

~幻?の雲南地湧金蓮(ウンナン チュウ キンレン)の黄金の花が、
 自宅の植え込み(庭)で咲きました! 
店で売れ残ったお花でボサボサほったらかしの自宅に持ち帰って置いてました(笑)
勿論水やりなどは致しません。雨水のみです。
当店で販売していた数年前は非常に珍しかったようです。
d0135899_14543453.jpg



この植物の名前の由来はは「地面から湧いてきた金色のハス」という意味が有るようです。

 茎の先端に咲く花は黄金色で、ハスの花に似ています。特につぼみの部分はハスのつぼみにそっくりです。

植物的にはハスとは全く無関係で、これはバショウ科の植物です。

本日・・・だんだん大きく開いてきました。
d0135899_14545995.jpg


茎の高さは60~100cmほどあります。茎も太いものだと20cmほどはあり、花の径は30cmほどになります。本当にユニークな植物なので、1本植わっているだけでもなかなか目立ちます。昆明市内のお寺などでは、庭の片隅に必ずといって良いほど数株ほど植えてあるそうです。おそらく、仏教とハスの花「蓮華」とはたいへんに関係が深いので、この地湧金連のつぼみの形、あるいは「金連」の植物名から、これを植えている様です。

本種は、耐寒性はかなり強く、凍らなければまず大丈夫ですから、関東以西程度の気候なら庭植で十分に越冬します。日本でも最近時々見かけるようになりました。

 ところで、この地湧金連は、バショウ科の植物で、かつ寒さに強いというわけで、「耐寒バナナ」の名前で流通している場合がありますが、このチユウキンレンは、バナナ属ではないのです。チユウキンレンはムセラ(Musella)属でバナナとは属が異なります。

 なお、黄色の花弁のように見えるのは、実は苞で、本当の花はその間に小さく咲き、あまり目立ちません。学名は Musella lasiocarpaといいます。

d0135899_1543152.jpg

[PR]
by aoisora-f-happy | 2009-08-12 15:32 | 店長のつぶやき(おさかな)

東京都板橋/仲宿商店街の中にあるお花屋さん


by aoisora-f-happy